2019-10-14

american colors


by Leica X2

american colors
今回の台風は ほんと 今までない緊張感でした。
私の所は まずは無事でした。

2019-10-09

Santa Cruz down town #2


by Leica X2

Santa Cruzはワンコの街でした。
海岸でもあちこちでわんわんだったなぁ。

♯台風あっちいけ

2019-10-04

空中散歩


by Leica X2

気持ち良い空だった~(^^)
2週間近い出張が終了。
さあて帰るか


2019-09-30

Santa Cruz down town


by Leica X2

Santa Cruz まで小一時間 ドライブ。
ここのダウンタウンはこじまんりして歩いていて楽しい。
それなりにバー、レストランがあってにぎやか。

わんこが多い街でもあった🐶

#にしてもX2の撮って出しいいわぁ

2019-09-27

Green


by Leica X2

Classic Leicaなんで・・RAW基本かなと思ってました。
これでJpeg 撮って出し。

今ときの「ばえ」を狙う派手な色ではないけど
好きな色を出してくれる。
なんだろうコダクロームを彷彿させる。


2019-09-26

snap


by GRIII

DETROITのGMの本社があるそばの河沿いを散歩する
河向こうは カナダだ。

朝焼けの中、かもめが舞い降りてきた。
構図も考えるまもなくシャッターを切った。
好きな雰囲気の写真になった。

こういう写真もGRに似合うね。

2019-09-22

撮ることに向き合う


by Leica M2 / Contax Hologon 16mm


2019.9.21 Fujifilm X Summit というイベントが渋谷で開催された。
イベントの主旨は、X-PRO3の開発発表だ。

富士フィルムの飯田事業部長 ホストでのトークショー形式のイベントだった。
このムービーを見ると、飯田さん 写真が好きなんだろうなぁ
というのがひしひしと伝わってくる。 愛だ。

富士フィルムは、Xシリーズを出したころから変わってきた。
想像するに飯田さんのリーダシップの下にだと思う。

X Summitのようなイベントを主催し、
(なにせ英語でのイベントファシリテートだ!)
グローバルな視点でマーケット要求を聞き、
そこに自分の製品愛を注入する。
そんな製品開発のプロセスが感じられた。
製品開発には「愛」が要る。
それが製品に乗り、買い手に伝わるのだ。

シグマの山木さんとともに 
日本から写真業界を牽引していくような
予感がしている。

また楽しみが増えた。


2019-09-14

Leica X2




by Leica X2

質の良いモノクロを出すLeica X2への興味が上がっていた。
みなさんのブログ、各レビューを見るにつけ、その興味は消えないのであった。

と、昨年夏に Leica M9からM10 に移行した私。
カラーの画も見ているとなんだかM9の画に似ているなぁとも
思い始めていた。

中古を探し始め・・いい個体があった。
たぶん大丸ライカ店オープン1周年記念のモノ。
チタンボディがこれまた良い(^^)

昨日食事会の前に銀座にて撮り始め
やはり良い。
2012年発売のディジタルカメラ。
もはや この世界では ビンテージものだろう。

ディジタルカメラは画素数競争となっているが・・
画そのものの価値評価もアリだね。


2019-09-13

森戸海岸の夕暮れ


by Leica M2 x Hologon 16mm F8 (M Mount modified)

Hologonで海を取りたくなり、久々に持ち出した。
帰り際に空が染まりだした(^^)


2019-09-03

モネの睡蓮


by GRIII

倉敷に初めて訪れました。
少しだけ散歩する時間があって、「美観地区」を歩いてきた。

良い風情の街並みだったなぁ😄
倉敷って 江戸時代の天領だったとのこと。
そのせいか、街に余裕があり、文化が根づいたんですね。

と、この写真は大原美術館 敷地内の「モネの睡蓮」。



by GRIII

大原美術館 隣の喫茶店。
今度倉敷に行ったら 絶対寄る。

2019-08-24

夏を惜しむ



  1. by GRIII
夏を惜しむ、そんな週末。
夏生まれな僕は(あんまり関係ないかw)、
エネルギーあふれるこの季節が好きで、暑いのも楽しむ。
短パンでいられるのもいいんだよなぁ~。
炎天下だと写真を撮る気が少なくなるのは アレなんですがね。


2019-08-13

GRIII jpg



by GRIII

GRIII になってから ほとんどRAWで撮らなくなった。
使うのはモノクロハイコントラストかポジでjpeg。

昨日の森戸海岸は 塩気の含んだ湿度の多い空気に包まれていた。
こんな夕暮れに出会えた幸運な日だった。


by GRIII



2019-08-11

残暑お見舞い申し上げます


by GRIII

このお休み 外での活動が少ないな~。
ちょっと居るだけで汗だく💦 だもん。

写真も車窓からか、屋内が多し。
皆様もご自愛下さいませ。

大好きなたい焼きくんも、たまらずソフトクリームにダイブしております(^^)



2019-08-06

「未来への世界地図」 at 小海町高原美術館


by GRIII

ハービー・山口さんの写真展が小海町高原美術館で開催されている。
Mさんに倣い 平日に(とはいえ夏休み期間中の金曜日でした)
8時ちょうどのあずさで行ってまいりました!

行ってほんとに良かった(Mさん ありがとうございます)。
これだけの大伸ばしのプリントも見られる機会はそうは無い。
そして、写真は写真家の生き様を写しているなぁと。

展示の内容、高原の空気、美術館の雰囲気、館員の方の物腰
すべてが調和していた。

開催にありがとう。

2019-07-20

ピントコントロールと自動運転



by GRIII


幸運にもライカジャパンでのイベントに参加できた。
なぜLeica?」 という深淵な問い に答える会! の映えある第一回。

なかの議論で面白かったのは、その答えはフォーカスについて。

AF全盛時代にあって、
「フォーカスは写真家の責任」「シャッターを切ったその時の心の動き」を
「機械に判断を委ねたくない」 。
これですね!

話を伺っていて、なぜだか、このところの車両暴走事故を想起したのでした。 
自動車を動かす行為は元来細心の注意を図るべき行為であるのに、
機械がその操作を簡便にしすぎた弊害が出始めているではないかと・・。 
イメージがかぶる 「瞳優先AF」と「自動運転車」・・。

なんて思ったイベント。

2019-07-07

代官山のギャラリースペイス


by GRIII

このところ行きやすい場所にギャラリーができてきて嬉しい~(^^)
ハービーさんの写真展に行くことができた!
代官山のオートバックスのところにできたギャラリースペイスの
オープン第一弾とのこと。

清里のロバート・フランク展と小海町のハービー・山口写真展にも
時間見つけて行こう


2019-06-29

GRIII のマクロ


by GRIII

マクロを使う時、その距離感があるね
ピントを迷う距離とそうでない距離
そのクセをつかむのに もう少し使ってみなくては


2019-06-22

お写んぽ




by GRIII

新入りくん GRIIIと近所を散歩~
画の抜けがいいなぁ 初代GRから6年の進歩だね~(^^)

2019-06-16

2019-06-15

早くも一年か~


by SIGMA DP3 Merrill

今の会社に移ってからね~ 1年早い
あっという間の時を積み重ね すぐ10年20年・・嗚呼。

私は何を為すのか
2030年の産業の姿に貢献したいね やっぱり。



2019-05-18

栄枯盛衰




by Fujifilm X100T

神戸北野異人館街

朝 散歩した。観光客が闊歩する通りには、さすが神戸! という風情の
有名コーヒーチェーン店。

一本道を外れると、一般の住宅街も広がる
日々カメラを向けられるのは落ち着かなかろう。

廃墟住宅の一角があったのには驚いた。
ネット上でも 話題になっているようだ。
土地の持ち主が見つからないとか そんな問題なのだろうか。

観光地で、縁もゆかりもない単なる物売りでは
「コト消費」な時代 人もあつまらないのだろう。




2019-05-11

逗子の海


by Leica MP x Summilux 50mm, Film: Fujifilm C-200

連休最後の日に逗子へ
気持ち良い日でした。

久々のポートレイトもいいなぁと。


2019-05-03

目黒のさんま


by Leica M10 x Summicron 35mm

図書館(最近良く利用します!)への帰りにちょっとだけお写んぽ
茶屋坂支店ってあるのね~

ランチのルーチンのお店の姉妹店 (^^)


2019-04-29

ほのぼの


by GR Digital III

なんかほっこりした
平成の終わりの櫻

2011.3.11 の年のサクラは特にしみじみ見たのを思い出した



2019-04-25

花と街と


by Fujifilm X-PRO2 w/XF35mm

心に余裕が無いとテーブルフォトって
撮れないですね~

連休を前にゆったりしてる


2019-04-13

GR Classic


by GR Digital III

2005年に登場したGR Digital。
そのブログが元で繋がっている縁(えにし)が今もある。
Ricoh製カメラはフィルム時代のGR-1sも入れると20年にもなるかも知れない。

ディジタルでもカレコレ14年!!
初代GR-D、GX100、CX-3、GR Digital IIIそしてGR。
初代GR-Dだけは今は手元に無い。

今だに使っている10年前のデジカメ GR Digital III。
もはやクラシックの領域。

孤高の存在GR
GR IIIもそのうちと思ってるが・・初期ロットは既に捌けたみたい。
気長に待とう。

2週間楽しんだ桜もそろそろ見納めかな。
長く楽しませてくれてありがとう。


2019-03-30

SAKURA


byFujifilm X100T

少しだけサクラ散歩(^o^)
やっぱり街なかが華やかになるのを
平和に見られるのは
嬉しいね~(^o^)
今年はゆっくりお花見できるといいなぁ

竹内まりあ「人生の扉」の歌詞ではないけれど~
この先何度見られるのだろう♪ としみじみ~



2019-03-19

なんか用~?? (=^・^=)


by Fujifilm X-PRO2 w/XF18mm F2

夜の函館西部地区を散歩していたら~にゃんこが仲良く2匹。
カップルだった模様(=^・^=)

おじゃまだったみたい~(*^^*)


2019-03-18

駄カメラ?



by Fujifilm Traval Mini Dual-P, w/Fujifilm C-200

なんていう巷では「駄カメラ」なんて部類のフィルムコンパクトカメラが手にある。就職したての頃に買ったものだ。その当時は(なんちゃって)パノラマが流行った時期でDual-PのPはそのPなのだ。で、この間フィルム入れて撮ってみようと・・裏ブタ開けてみたらタイマ用のボタン電池収納カバーが割れてた(^^);。 で・・部品取りに同じ機種の(もちろん)中古を手に入れた。その個体はまだシャッターも下りたのでそれで試し撮り。よく写るね~(^^)/ でもフィルム送りがたまに失敗し多重露光のようになる駒(2枚目の写真)があった。それもまぁまたよしだね。


2019-03-02

朝の光


by Fujifilm X-PRO2 w/Leica Summarit 50mmf1.5(m mount)

そろそろ河津桜も咲いてるかなぁと
いつもの公園へ 朝の散歩。
朝7時半。
ワンコを散歩させる人、ジョギングする人、散歩する人。

朝の空気は気持ちいいね。
春も近い。

電池切れのDP3 Merrill を置いて、久々にSummaritをX-PRO2に着けてお写んぽ。
逆光のフレアが春っぽい感じでいいね。

2019-02-21

2019-02-16

儚く 舞う


by Fujifilm X-PRO2 w/XF35mm

公園を散歩していると~ シャボン玉を飛ばしている親子がいた
それが逆光に煌めいていた(^^♪

少しピントを外してとるとそれは夢の世界だった

2019-02-11

parking lot


by Leica M10 w/Elmar 28mm

会食が終わってホテルの部屋へ戻る
ふと外を眺めると、雨上がりのparking lot
光が素敵だ。


2019-02-07

春の海


by Fujifilm X-PRO2 w/XF35mmf1.4

寒風の中にも春を感じる日差しだったね~
明日から北海道に大寒波・・⛄

最高気温で-10℃とか・・大丈夫かな。
ご自愛を(^^)

2019-02-02

2019.1.26


by EOS5 EF40mm, Fujifilm C-200

輸出専用というこのフィルム
好きだったKonicaのCencuria 200の色に似ていて好き


2019-01-27

ほっこり 七里ヶ浜


by EOS5 w/EF40mm

写真部イベント@七里ガ浜
久々に集まったのもあって 楽しかったね~。

持って行った機材は Fujifilm X-PRO2/XF18mm/XF35mmと
EOS5(フィルムね(^^♪)/EF40mm。

36枚撮ったフィルム、気になったのはこのショット。
なぜか長時間露光となり~波打ち際の白波がぶれている。

なんか、色といい 好きな写真だ。

フィルム写真 やっぱり良い~



2019-01-20

Leica M10の色


by Leica M10 w/Elmarit 28mm(3rd)

今もときどきM9の色が懐かしくなることがある。
このショットあたりは、M9の色を彷彿する。

Leica 28mmでの街中 お写んぽも楽しいね。

過去30日間でのアクセス多い投稿